本文へスキップ

八王子市めじろ台・・・地域の安心できる動物病院を目指して。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

電話でのお問い合わせはTEL.042-666-8151

〒193-0833 東京都八王子市めじろ台3-42-8

  


めじろ台どうぶつ病院のホームページへようこそ。

 めじろ台どうぶつ病院は八王子市めじろ台にある個人病院です。2014年に初代院長の大津先生より引き継ぎ、2016年10月15日に大津動物病院から『めじろ台どうぶつ病院』となり、新たなスタートを切りました。より地域の皆さまに寄り添ったクリニックに成るべく、日々真摯に診療に取り組んでまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 地域医療の信念を基盤として、新しい診療技術も取り入れ、よりよい獣医診療をご提供できるようスタッフ一同日々努力しております。
何か心配なことがありましたら、小さなことでも遠慮なくご相談下さい。


● 当院は、疼痛緩和に力を入れています ●
わんちゃん・ねこちゃんたちは人間の言葉は話せませんが、痛いのはもちろん嫌ですし、『苦痛を取り除いてあげたい。』これは、皆様の一番の望みではないでしょうか?

見た目の痛々しさの軽減ももちろんですが、痛みを最小限にとどめることで体を治そうとする生体の反応もより良い方向に向かっていき、治癒や治療の効果、延命・生活の質に大きく関わってきます。逆に痛みが強いと、生体の反応は悪い方に傾き、治療の最大限の効果が得られなかったり、治癒の遅延につながったりすることもあります。

当院では、より痛みのない治療・施術を目指しています。
内科的治療・外科的治療、総合的にその子により適した治療を心がけています。

もちろん、避妊・去勢手術をはじめとする健康な子に行う手術も例外ではありません。
不安に思われることがあれば、なんでもご相談ください。


      麻酔に関しては診療案内の「麻酔・疼痛管理について」もご覧ください




2019年1月21日より、獣医師の出勤曜日が変わりました。
これに伴い、『水曜日午後 及び 金曜日午後を予約制』にしました。
水曜日・金曜日午後の予約制診療時間は14:30~16:30です。
他の曜日と時間が異なりますので、ご注意ください。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解ご協力をお願い致します。
*皮下点滴などの通院治療や、鍼の定期治療におすすめです。継続する通院治療以外は、予約料金がかかります。
*お電話、もしくは受付にて事前の予約をお願いします。
*予約は次回分まで。まとめてのご予約は承れません。
急患対応等でご予約のお時間に診察できない場合があるかもしれませんが、
その場合は救急処置優先になることをご理解・ご了承ください。

お盆期間も平常通り診療します
当院の休みはありませんが、物流が止まるため、
いつものフード・サプリメント・お薬等は余裕をもってご用命ください。


土日・祝日も平常通り診療いたします。

 受付時間
午前

9:00~11:45 
 〇 〇    〇 〇   〇 〇 
 午後

16:00~19:30
 ○  ○ 予約制
14:30
~
16:30
〇  予約制
14:30
~
16:30
 〇
受付時間外で緊急の場合は、可能な限り対応いたしますので、まずはお電話ください。
(通常の診療料金に加え、別途時間外料金がかかります。)

※12時~16時は手術や検査を行う時間のため、通常の診察・お迎え・お薬やフード等の引取りはご遠慮下さい。

各種、クレジットカード対応しております。
(狂犬病予防時の済票代と、狂犬病予防法に基く八王子市へのワンちゃんの登録料は現金でご用意ください)
    


   フィラリア・ノミ・マダニ対策、始めていますか?
  ○予防薬の投与をできるだけ早く開始しましょう○

狂犬病予防接種

狂犬病予防ワクチンは毎年4月1日~6月30日に接種するよう法律で定められています。
狂犬病はすべての哺乳類が感染しうり、感染してしまえばほぼ100%死に至る大変怖い感染症です。
現在、日本は世界では数少ない清浄国ですが、ほとんどの世界各地で感染が起こっています。そして、日本国内での狂犬病予防ワクチン接種率は驚くほど低いのが現状です。これは本当に恐ろしいことです。

狂犬病予防ワクチンの接種は、わんちゃんを管理している飼い主様の義務であり、わんちゃんだけでなく、飼主様、ひいては日本を守ることに値します。

八王子市の方は当院で済票の発行ができます。保健所からのはがきをお持ちの方はご持参ください。
体調が優れない、ワクチンを接種して具合が悪くなったことがある等、獣医師の診察の上、接種を猶予することも可能ですが、その場合も届出が必要ですので、ご相談ください。

フィラリア・ノミ・マダニ対策
今年も暖かくなるのが早かったですね!昨年は全国でフィラリアの感染開始日が最早日を、数年前には感染最終日が最遅日を更新しました。年々感染期間が長くなる傾向です。気候次第で予防しなければならない期間は変わってしまいます。余裕を持った期間を予防しましょう。また、マダニの活動も活発になっています。できるだけ早く予防を開始されることを強くおススメします。

近年、マダニが動物、そして人間にも命を脅かす感染症を伝播することが危惧されていますね。愛犬・愛猫をマダニから守ることは、わんちゃん・ねこちゃん以外のご家族を守ることにも繋がります。

フィラリアは蚊を介して、わんちゃん(ねこちゃんにも!)の体内に入り、最後には心臓等に寄生して死に至らしめる感染症です。お薬を飲むことで体内に入ってきた虫を駆除し、感染を防ぐことができます。ただ、虫が体に入ってある程度の日数を経過すると、お薬が効かない状態へと成長してしまいます。そうなると、感染を防ぐとこはできなくなり、治療はかなり大変で、わんちゃんに相当の負担がかかり、命の危険に晒されます。ですから、毎月お薬を飲むことはとても重要で、飲み忘れ等で間が空いてしまうと、感染する可能性が出てきてしまいます。忘れずに投与しましょう。

また、万が一感染がある状態でお薬を飲んでしまうと、成長した親虫からうまれたフィラリアの子虫がわんちゃんの体の中で一気にたくさん死滅して、わんちゃんにショック症状を引き起こし、死亡してしまうこともあります。
必ず毎年初めての投与前に血液検査でフィラリアの感染を除外してからお薬を始めましょう!一年を通してお薬を使う、「通年予防」もおススメです!

ひと昔前よりも東京ではフィラリアの数は減りました。ですが、撲滅されたわけではなく、関東圏内でもたくさんのわんちゃんがフィラリアに感染しています。

最近は、ノミ・マダニ・フィラリア全てに対応した、そして嗜好性の高い「おいしい」お薬があります。
ご褒美にもなって、きちんと感染症から守ってくれるなんて一石二鳥ですね!

ねこちゃんの感染症の対策
ねこちゃんもフィラリアに感染します。感染が成立すると、寄生数が少なくても命に関わる重篤な症状が出ることがあります。
お薬は背中に垂らすスポット剤で簡単に対策できます。わんちゃんと違い、フィラリアの血液検査は基本的には不要ですので、気軽に予防を始められます。
愛猫を感染症から守ってあげてください。


春は動物病院にかかる良い機会です。
年に1回は健康診断の血液検査を!早期発見・早期治療に繋がります


わんにゃんドックのすすめ

 獣医療の発展やペットフードの品質向上、飼い主様の意識の高まりなどにより、近年、わんちゃん・ねこちゃんたちもだんだんと長寿になってきました。しかし、年齢を重ねることで、わんちゃん・ねこちゃんの体にも様々な変化が出てくるようになります。また、わんちゃん・ねこちゃんたちは私たち人間よりも早く時間が進みます。目に見えた症状が出てきたときには、病気がかなり進行していることも多いです。変化をより早期に発見し、補っていくことがその後の健康寿命を大きく左右する、と言っても過言ではありません。

 当院では、総合的に身体検査を行う”わんにゃんドック”を推奨しております。いろいろな検査を組み合わせることで、わんちゃん・ねこちゃんたちの体の状況をより詳しく把握することができ、検査費用も各検査をバラバラで行うより抑えることができます。今現在、体調に気になることがなくても、健康なうちに基礎データを得ておくことで、その後の変化にも気づきやすく、今後の診断の大きな助けになります。

                                         → 詳しくはこちら



news新着情報

2019年 7月31日
8月の出勤医表を更新しました。3日(土)と25日(日)は診療時間および対応が通常と異なりますので、ご確認ください。当院のお盆休みはありませんが、物流が止まるため、いつものフード・サプリメント・お薬等のご用命はは余裕をもってご連絡ください。
熱中症・熱射病・ヤケド注意!!
急に暑くなりましたね。今年も危険な酷暑になりそうですので、わんちゃん・ねこちゃんの生活空間もしっかり温度管理を行ってください。特に老齢のわんちゃん・ねこちゃんは、一定の場所でぐっすり寝入ってしまって、日差しに当たりっぱなしになったり、お水を飲みに行かなかったりして、体調を崩すこともあります。
お散歩に行くときは、十分涼しくなってから行くようにしてください。日が落ちてからも、アスファルトやマンホールはまだ熱い場合もあり、注意が必要です。
2019年 2月 2日
1月21日より獣医師の出勤曜日が変わりました。
これに伴い、『水曜日午後 及び 金曜日午後を予約診療』に致します。水曜日・金曜日午後の予約診療時間は14:30~16:30です(ほかの曜日と時間が異なりますのでご注意ください)。皮下点滴などの通院治療や、鍼の定期治療におすすめです。それ以外の診察内容の場合は、予約料金がかかります。お電話、もしくは受付にて事前の予約をお願いします。(予約は次回分までです。まとめてのご予約は承れません。)
* 急患対応等でご予約のお時間に診察できない場合があるかもしれませんが、その場合は救急処置優先になることをご理解・ご了承ください。
水曜日・金曜日は18時までスタッフがおりますので、お薬やフード等の引取り・トリミングのお迎え・ホテルの出入り・ご面会は、午後は16:00~18:00でお願いします。
 松本院長 日・月・火・木・土(祝日問わず) 
 水野獣医師 火・水・金(全曜日とも16:30まで)
 吉田獣医師 土・日(非常勤) 
2018年12月 2日
求人案内を更新しました。現在、獣医師 及び 動物看護師を募集しております。詳しくはこちらをご覧ください。   →リクルート
2018年 6月 3日
LINE@、始めました!お友だち登録お願いします! 
契約駐車場「めじろ台パーク」の3番もご利用いただけるようになりました。お使いいただける場所は、1番・2番・3番 です。   
2016年10月15日
大津動物病院は『めじろ台どうぶつ病院』となりました。これからもよろしくお願いいたします。
2015年11月12日
契約駐車場もご利用ください。 
  • 加藤歯科医院様(閉院されました)の隣、                「めじろ台パーク」 1番、2番 をお使いいただけます。
  • ・道路横断には十分ご注意ください。
  • ・当院向かい側での路上停車・駐車は短時間でもお控えください。
2015年 4月26日
大津動物病院のホームページを立ち上げました。よろしくお願いします。
第一種動物取扱業者標識 
 氏名又は名称  株式会社P&Iカンパニー
 事業所の名称  めじろ台どうぶつ病院
 事業所の所在地 東京都八王子市めじろ台三丁目42番の8 
 第一種動物取扱業の種別 保管 
 登録番号 16東京都保第100100号 
 登録年月日 平成18年8月3日 
 有効期限の末日 平成33年8月2日 
 動物取扱責任者 松本義行 

information

めじろ台どうぶつ病院

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-42-8
TEL.042-666-8151